子供の初節句を祝うならコレ|喜ばれるお返しの鉄則を知る

子供の初節句を祝うならコレ|喜ばれるお返しの鉄則を知る

皆に喜ばれるものを選ぶ

親子

相手のことを考える

お子様の初節句のお祝いは、とても喜ばしいことです。祖父母からお祝いを頂いたり、両家の親を招いて食事会をする方々も多いのではないでしょうか。そうすると考えなくてはならないのが、お返しの品です。初節句のお返しとして何が良いのか、悩みどころです。そんなときにお勧めしたいのが、食べ物類をお返しすることです。有名な菓子店の商品や、有名でなかなか手に入らないようなものは年代問わずに喜ばれることでしょう。その際はあらかじめお返しの相手の好みのものを用意しておくことが大切です。甘いものやお菓子が苦手な方の場合には、調味料などでも喜ばれるかもしれません。頂いた金額や相手の年代によっても変わってきます。醤油やドレッシング、有名ホテルシェフの缶詰などもお勧めです。祖父母など、初節句の記念として何か残るものを贈りたいという場合は、記念品を付けると良いでしょう。お子様の顔写真が入ったプレートや、名前入れのものなども良いかもしれません。子育てで忙しく、外出が難しい場合でもインターネットで注文できるお店が増えているので便利です。お菓子などにお子様の顔写真入りのメッセージカードを付けるのもお勧めです。初節句はお子様にとって一回限りのものです。お祝いをして頂いた方々の心に残るものにするためには、やはり相手のことを考えたお返しをするのが良いでしょう。遠い親戚と両家の両親では孫に対する思い入れやはり違ってきます。相手によって品を変えることが喜ばれるお返しの鉄則です。

ギフト

通信販売を利用する

敬老の日には身近な祖父や祖母などにギフトを贈る人も多くなっており、デパートなどではさまざまな商品が販売されます。魅力的なギフトが多いので、まずは商品のチェックをしておくことが大切です。ギフトカタログなども人気になっています。

ペン

喜んでもらえる贈り物

祝意や感謝を伝えるのに、名入れの品を贈ることは、その相手の方をとても尊重している気持ちが伝わってよいものです。名入れのボールペンはよく使うものだけに、きっと喜んでもらえるでしょう。名入れボールペンはネットショップで簡単に注文することができます。